Linux 超基本用語

GUI

GUIとは、グラフィカルユーザインターフェース(Graphical User Interface)の略語。コンピュータへ出す命令や指示等を、ユーザが画面上で視覚的に捉えて行動を指定できるもので、それまで主流であった命令文を入力して実行する方式(CUI)に比べ、直感的に操作できるのが特長。

CUI

CUIとは、キャラクターユーザインターフェース(Character User Interface)の略語。コンピューターにおいて、キーボード入力と文字表示のみを用いる。

通常、コマンドの入力位置などを示すために「プロンプト」と呼ばれる記号が表示されており、コマンドを入力してEnterキーを押すことでコマンドが実行される。

CLI

CLIとは、コマンドラインインターフェース(Command Line Interface)の略語。ユーザに対する情報の表示を文字によって行い、全ての操作はキーボードを用いて行うユーザインターフェースのことを指す。

カーネル

階層型に設計されたオペレーティングシステム (OS) の中核となる部分である。アプリケーションとハードウェアレベルでの実際のデータ処理との間の架け橋である。システムのリソースを管理し、ハードウェアとソフトウェアコンポーネントのやりとりを管理する。Linuxカーネルは直接人間が操作できるようになっていない。

シェル

カーネルのインターフェースとなっているソフトウェアのことを指す。カーネルをユーザーが直接操作すると致命的なエラーが発生することがあるため、シェルを使ってカーネルを操作する。

シェルはカーネルの中に、特別な関数(システムコール)として定義されていて、そのシステムコールをユーザーがコマンドラインを使って操作している。代表的なシェルとしては、sh,csh,bash,tcsh,zshがある。

インターフェース

コンピュータで、異なる機器・装置のあいだを接続して、交信や制御を可能にする装置やソフトウェアのこと。または、コンピュータで、装置と人間との接点である、入出力部分のこと。

ソフトウェアコンポーネント

ソフトウェアコンポーネントとは、部品とは特定の機能を果たす単位で、特に再利用を考えて汎用に開発されたものを指す。

プロンプト

シェルがコマンド入力待ち状態の際に表示される記号のこと。Linuxの場合、一般ユーザの場合のプロンプトは"$"で、スーパーユーザの場合は"#" である。

シェルスクリプト

実行したいコマンド群を事前にファイルに記述しておき、そのファイルをシェルに指定することで一連のコマンドをまとめて実行することができる。このような、一連の操作の流れを記述したファイルのことをシェルスクリプトと呼ぶ。

対話型操作

キーボードからコマンド名を入力してEnterキーを押すことでシェルを操作するように、ユーザがキーボードと画面を利用して直接シェルを操作する方式を対話型操作と呼ぶ。

ターミナルエミュレータ

ユーザにコンピュータへの入出力する画面を提供するソフトウェアのことである。

パス

ユーザがコンピュータへ入出力をする際に利用する専用のソフトウェアのことを指す。目的のディレクトリまでの道筋・経路のことをパスが通っている=対象ディレクトリにあるプログラムがコマンドとして設定されているということである。

/

ルートディレクトリのこと。全てのファイルとディレクトリは、その親を辿って行くとこのルートディレクトリにたどり着く。Linuxディレクトリこいうせいは、ルートディレクトリを頂点とした階層構造になっている。

カレントディレクト

現在自分が位置しているディレクトリのことをカレントディレクトリという。Linuxにログインした直後は、カレントディレクトリはユーザのホームディレクトリになっている(ルートディレクトリではない)。カレントディレクトリを確認する場合は、pwdコマンドを使用する。

絶対パス

ルートディレクトリを起点としてファイルやディレクトリのパスを示すこと。

相対パス

現在のカレントディレクトリを起点として表記されるパスのこと。相対パスで記述する際には、どのディレクトリにもある特別なディレクトリ「.」と「..」が利用できる。

「.」はカレントディレクトリを表す。例えば、カレントディレクトリ内にあるfileというファイルを指定するときに、ファイル名を書いているのかパス名を表記しているのかわからないので、この曖昧さをなくし明示的にパスを指定したいときは、「./file」と書く。

「..」は親ディレクトリを指す。現在のカレントディレクトリから、階層構造を遡って指定するときに使用する。「../../../」とすれば3つ上のディレクトリを指す。また、「../test」とすれば、親ディレクトリ内のtestというディレクトリ、つまりカレントディレクトリと同階層にある別のディレクトリを指すことができる。

~/.hoge

"~"はホームディレクトリのことを指す。すなわち、「/home/user[ユーザ名]/」 = 「~/」となる。~/.hogeはホームディレクトリにある.hogeという隠しファイルのことである。

cd /usrは絶対パスでの指定。cd testは相対パスでの指定。