Linux よく使うコマンド集

ファイル/ディレクトリ関連
コマンド 説明
cd [移動先のディレクトリ] ディレクトリ移動
pwd カレントディレクトリの表示
mv [file] [file] ファイル名の変更
touch [file] 空のファイルを作成する
rm [file] ファイルの削除
mkdir [directory] ディレクトリの作成(既に存在するファイル名と同名のディレクトリを作成することはできない)
rmdir [directory] ディレクトリの削除


ファイル/ディレクトリ一覧を表示する
コマンド 説明
ls ファイル・ディレクトリ一覧の表示
ls [directory] 指定したディレクトリ内のファイル・ディレクトリの表示
ls -a [directory] 隠しファイル(.から始まるファイル)も表示
ls -l [directory] ディレクトリのリスト表示
ls [directory] ディレクトリのリスト、パーミッションの表示
ls [file] 指定ファイルの詳細情報を表示
ls -F ファイル・ディレクトリの種別を一覧で表示(ディレクトリは"/"、実行可能ファイルは"*"、シンボリックリンクは"@"、通常ファイルは記号なし)
cp [file/directory] [file/directory] ファイルやディレクトリのコピー(ディレクトリをコピーする場合は、-rオプションを使用する)


ファイルの中身を見る
コマンド 説明
cat [file] ファイルの中身を表示
less [file] ファイルの中身をスクロール表示
head [file] ファイルの先頭のみを表示(初期設定は10行)
tail [file] ファイルの末尾のみを表示(初期設定は10行)


権限を変更する
コマンド 説明
su - rootユーザーに切り替える
su - [user] [user]に切り替える
sudo [コマンド] rootユーザーとしてコマンドを実行する


その他
コマンド 説明
history [オプション] [表示するコマンド数] コマンド入力の履歴を表示する
ctrl + a コマンドラインの行頭にカーソルを移動する
ctrl + e コマンドラインの行末にカーソルを移動する
esc + f 前方に単語1つ分移動する
esc + b 後方に単語1つ分移動する
ctrl + k カーソル位置から行末までを削除する
ctrl + u カーソル位置から行頭までを削除する
ctrl + y 最後に削除した内容を挿入する
source シェルの設定を即座に反映させる
who ログインしているユーザを探す
clear 画面をクリア(消去)にする
diff [-bciqrw] ファイル1 ファイル2 2つのテキストファイルの内容を比較する
ftp リモート・ホストに接続してファイルの送受信を行う
nohup [コマンド] ログアウト後もバックグラウンドでコマンドを実行する
rcp [-prxK] コピー元 コピー先 ネットワーク上の異なるマシン間でファイルをコピーする
scp [オプション] コピー元 コピー先 リモートホストからローカルにファイルをコピーする(暗号化するので安全)
rsh [-xK] [-l ユーザー] ホスト コマンド 指定されたリモート・マシンにコマンドを送り実行させる。
sort ファイル内の行を並び替える
split ファイルを分割して複数の新ファイルを生成する
hostname システムのホスト名を表示する(間違えて変な引数をとると名前を変更してしまうのでuname -aを使ったほうがいい
uname -n ユーザ名を表示する


grep

grepはファイル中の文字列に対して正規表現を使って検索し表示するLinuxコマンドだ。

オプション 説明
-r ディレクトリ内容も検索対象とする
-n 行番号を表示させる

grepコマンドの詳細まとめました【Linuxコマンド集】

#libディレクトリ以下のファイルの全ての中からaという文字を再帰的に検索する。
$ grep -rn a lib*



再帰的に検索するとは
対象となるディレクトリ内にディレクトリ がある場合は、そのディレクトリ内のファイルも含めて検索を行うということ。

find

findは指定した名称のファイルやディレクトリが存在するか正規表現を使って検索し表示するLinuxコマンドだ。

"."を検索開始ディレクトリとして".tt"という文字列を含むファイルをprintする。
$ find . -name "*.tt" -print

findコマンドで覚えておきたい使い方12個(+1個) | 俺的備忘録 〜なんかいろいろ〜

sed

sedはファイルを読み込み、指定されたコマンドに従って文字を変換するLinuxコマンドだ。

#文字を変換した上で、元のファイル内容を上書きする
$ sed -i 's/置換対象文字列/置換後文字列/g' ファイル名


tail

tailはファイルの最終行から数行を表示するコマンドだ。デフォルトだと10行が表示される。

#指定したファイルの最終行から100行を表示する。追記があった場合は、追記の文を表示する(-nオプション)。
$ tail -f -n 100 ファイル名